常に最新の見開き2週間手帳リフィル!スライド手帳 >> スライド手帳とは >> スライド手帳 バイブル版(レフト)のご紹介
スライド手帳 バイブル版(レフト)のご紹介

スライド手帳バイブルサイズ(レフト式) 紹介

バイブルサイズレフト式全景2012年11月、スライド手帳は新しいフォーマットを発売しました。

2012年11月までスライド手帳はA5サイズだけでの展開でしたが、この度バイブルサイズを開発しました。こちらのページでは、バイブルサイズのレフト式版をご紹介します。

最初の写真は、スライド手帳バイブルサイズのレフト式版全景です。スライド手帳を持っている、次の特徴はそのまま保持しています。

第一に、穴が紙の左右に開いています。第二に、初めから用紙の1つの角が切り落とされており、自動的にページリフターになる機能は健在です。

ご購入は、スライド手帳おちゃのこネット店より。



スケジュール記入欄


バイブルサイズレフト式記入欄こちらの写真は、バイブルサイズ(レフト式)スケジュール記入欄です。

スケジュール記入欄は上部にドットが入っているだけで、比較的自由に記述できるようになっています。A5サイズのスライド手帳壱式佐との大きな違いは、ToDoを書き込むエリアを省略したことです。



バイブルサイズレフト式記入例先ほどのスケジュール欄に予定を記入してみました。もちろん、サンプルです。時間など自由に記入していただけます。

ここでは、私が愛用している三菱のSTYLE FIT(ジェルタイプのボールペン)のブルーブラックを使って記入しています。私が見る限り、発色は非常に良く、コントラストもしっかり出ていると思います。コントラストがはっきり出ているので気になるのは紙の裏の抜けの状態です。



20121107_bible_sa (5).jpgこの写真が、気になる紙の裏への裏抜け状態です。あまり見えないかと思います。よほど強く書くか、ペンを長時間一ヶ所に留めおきインクがたくさん出てしまわない限りは、それほど裏抜けしないと思われます。

ご購入は、スライド手帳おちゃのこネット店より。



裏面と用紙について


バイブルサイズレフト式裏面この写真はバイブルサイズレフト式の裏面の写真です。

裏面は線の罫線になっています。ぜひ、裏面は自由に図など描いて頂ければ幸いです。

そして、用紙は今流行りの、トモエリバーを使っています。薄い割には、しっかりしているのであっても簡単に切れたりはしないと思います。また先程お見せした通り、よほど強くかいたりしない限りは裏抜けや裏うつりはしませんので、大きな問題は起こらないかと思っております。

以上がスライド手帳バイブル版レフト式のご紹介ですが、いかがだったでしょうか。ご興味を持っていただけたかたは、コメントを残していただいたり、スライド手帳おちゃのこネット店へご来店いただき、ご購入頂ければ幸いです。




<<前の記事へ 
 【スライド手帳とは】 
 次の記事へ>>
関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt/mt-tb.cgi/149

お問合せ・ご意見



Copyright