システム手帳リフィルに新しい驚きを!《スライド手帳》 常に最新2週間が見開きで >> 利用者の声/メディア >> 【利用者の声】 営業関係のお仕事をされている方々からのご感想
【利用者の声】 営業関係のお仕事をされている方々からのご感想

これまでにない使い方のお声をいただきました(営業職)

2010年から「うさぎ」、「りゅう」とお使いいただいているお客様から新しい使い方を教えていただきました。ありがとうございます。まずは、お声をそのまま掲載します。

手帳の表も裏も日付が入っていない用紙がありますよね。 これらは商談の記録を記入しています。 3か月から6か月先の商談をするので、時が過ぎると忘れてしまいます。 これをずっと成果が出るまで手帳の右側、もしくは次の週のところにつけておくと 自分が忘れないし、バイヤーにも注意をすることができます。 日頃から、手帳の入れ替えをしているので忘れません。 以前の手帳は特に忙しい時期が重なると、どこに書いたか忘れてしまいました。 今はまずありません・・・ 手帳って重要ですよね。

「うさぎ」「りゅう」(販売はおちゃのこネット店)のリフィルには、途中途中に月の切り替えのページがありまして、そこが両面メモになっています。
このメモページを活用されている例です。

この方は営業職で長い期間かかる商談があるため、その商談の状況をしっかり管理する必要があるのです。

スライド手帳「うさぎ」「りゅう」「零式」「壱式」は、最低でも1週間に1回、リフィルを動かす作業をしますから、その際にこの営業用のリフィルが翌週前に挟まっていると気づくわけです。それが、「日頃から手帳の入替をしているので忘れません」というところかと思います。


つまり、長い期間かかるプロジェクトや商談等で忘れがちなことがらやToDoをその紙に書いておけば、良いということですね。
新しい使い方の提案、ありがとうございました。


スライド手帳を使い始めて、売上が三倍になりました

という、すごい言葉をいただきました。保険の営業(東京都在住 T様)をされている方からです。

今まで、iPadを使ってスケジュール管理とToDo管理をしてきた。デジタルは気軽にToDoを翌日、翌週に延ばせるが、スライド手帳だと翌週には延ばしにくくなる。結果、ToDoを当週で終わらせようとスケジュールをやりくりするようになる。本当にやらなければならないToDoが後ろにずれなくなることで、お客様の満足が向上したりして、売上に良い影響がでた。使い始めてから、売上が三倍になった。

とのこと。手帳の効果だけではないとは思いますが、このように言っていただけるととても嬉しいです。これからも活用いただいて、売上がまた増えることを祈ります。


自分自身が使いやすい手帳にできる!

壱式レフトエディションをご購入いただいた方(栃木県在住 K様)からのメッセージを掲載します。
ご感想、ありがとうございました。

おかげさまで、この手帳のせいか、ここ2年ちょっとで売り上げも実績も順調です!(9月決算時) 最近忙し過ぎて、この手帳に関して普通に接してましたけど、ふと思ったことでスライド手帳を自分の持ち物として使っている感があります。

自分道理に、こなしている。
好きなように使える。
時系列として後で確認できる。
要は自分自身が使いやすい手帳にできる!

ってことですかね。

今後もスライド手帳をよろしくお願いします。




<<前の記事へ 
 【利用者の声/メディア】 
 次の記事へ>>
関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/180

お問合せ・ご意見



Copyright