システム手帳リフィルに新しい驚きを!《スライド手帳》 常に最新2週間が見開きで >> 使い方の工夫/提案 >> To Doエリアの使い方-実践編2:付箋紙の活用1-少し大きめのTo Do
To Doエリアの使い方-実践編2:付箋紙の活用1-少し大きめのTo Do

スライド手帳に限らず、To Doを書き込む時に、

 「これは、今週、または近いうちに終わるのか?」

と思うことは誰にでもあることです。

そうなると、どうしても、To Doの欄に書くのをためらいます。
だって、スライド手帳の場合、To Doも一緒にスライドしていってしまうからです。
最悪、書き直しです(実際、私も結構書き直しています)。

書き直しは、

 「早くやらないとまた来週書き直しだなぁ」

となって、To Doを早くやるようになるという効果もあります。
しかし、2~3週にわたって作業を続けなければならないものは、あらかじめ、

 小さな付箋紙

を使うという手もあります。

ちなみに私は、3M 見出し パステルミニ パック 715RP-Kを愛用しています。
かなり小さいですが、B5版スライド手帳にはぴったりの大きさになっています。

スライド手帳がスライドするとき(つまり、週の終わりに)、この付箋紙を貼り替える作業をすれば、書き直しは防げます。




<<前の記事へ 
 【使い方の工夫/提案】 
 次の記事へ>>
関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/28

お問合せ・ご意見



Copyright