スライド手帳 壱式 弐式 可憐の裏面使用法

A5のシステム手帳リフィル、スライド手帳 壱式以降の裏面の使い方について、ご質問が多いので、共有したいと思います。

なお、スライド手帳方眼リフィルについては、方眼リフィルの説明ページをご覧ください。

裏面は方眼になっています

スライド手帳壱式等裏面まず、裏面のイメージです。

あまり、A5システム手帳リフィルには見られない方眼になっています。スライド手帳は、見開き2週間、または1ヶ月、2ヶ月がフォーマットとなっていますが、スライドするために裏面はスケジュール面としては使いません。

結果、A5システム手帳リフィルでは珍しい方眼になっています。

裏面の使い方の例

日々の記録として利用

スライド手帳壱式等裏面 縦記入サンプルスライド手帳 壱式、弐式は基本が縦型になっていますので、裏面も縦に使います。

この例では、日々の記録を付けています。個人的なものなどが書いてあるので少し見にくい写真でご容赦ください。

日付を書き、その横に3行程度の日記を書いているような感じです。
右の端の方には、食事の内容や使ったお金の金額なども記録しています。


マインドマップを書いてみた

スライド手帳壱式等裏面 横記入サンプルスライド手帳 壱式(堀エディション)、可憐は横型ですので、裏面も横に使います。

この例では、マインドマップを書いたり、何か手順を書いたりしています。
その月に読んだ本や雑誌で気になるキーワードなどを見つけては書いています。





どうですか。
A5のシステム手帳リフィルですから、結構、書くところがたくさんあります。方眼が引いてあることできれいに書けます。

ぜひ、皆さんもスライド手帳の方眼裏面を利用した話をお送りください。

更新履歴:2011/1/21 初公開




<<前の記事へ 
 【使い方の工夫/提案】 
 次の記事へ>>

Copyright