手帳活用のメルマガ、配信中

手帳の近影写真「今年こそ、ビジネスパーソンとして手帳をしっかり活用するぞ!」

と毎年年末に思っていませんか。

それで、状況は変化しましたか?


しっかり活用できている方も、いまいちだなぁという方も

今からできる活用術、ちょっとした工夫


がこのメルマガを読めば、きっとひとつでも二つでも見つかります。

そして、いろいろなことを試して、その試した結果で新しい手帳を手にしましょう。こうしたメルマガを読んでおくのにタイミングはありません。

「確かにそうだな、検討してみよう」と思った方は、手帳活用メルマガ from スライド手帳から登録できます。


紙の手帳とプラスティックバインダ<デジタルな時代になぜ紙を使う?>
世の中では、デジタルなツール群、ケータイやスマートフォン、タブレットPCなどが広がりを見せる中で、なぜか紙の手帳を手放せない人もいます。
そこには、紙だからこそできるメリットというものがあるのでしょう。


いろいろな人が手帳術の書籍などを出版していますが、手帳術というのは人それぞれだったりします。だからこそ、いろいろな情報を聞き、自分の手帳術を作り上げてみることが大切でしょう。

ぜひ、スライド手帳.comから配信される手帳活用メルマガの情報もその仲間に入れて下さい。

「紙の手帳を見直してみようか」と思った方は、手帳活用メルマガ from スライド手帳から登録できます。


<手帳の猛者も時々登場予定>
私が出会った手帳使いの猛者にも時々、ご登場いただいて彼らの手帳術などをご紹介いただこうかと思っています。

世の中には本当にすごい人がいるものです。

もちろん、私たちがその人達のまねをできるとは思えないものもありますが、部分で参考になるところは必ずあるでしょう。というか、そういうところを探し出しませんか。

「手帳猛者の工夫を知りたいな」と思った人は、手帳活用メルマガ from スライド手帳から登録できます。


バインダ近影<スライド手帳の開発秘話や販売動向もお知らせします>
「うーん、それは要らない」

という人もいるかもしれませんが(笑)、スライド手帳の工夫が皆さんの手帳術の役に立つことがあるかもしれません。

スライド手帳の最大の特徴は、常に最新の2週間が見渡せるというところです。

例えば、皆さんがお使いの手帳がレフト式の1週間版だとして、よく翌週の予定を確認し忘れてしまうという問題が起きているとすれば、それは2週間を見渡す必要があるということです。

見開き二週間の手帳は市場に存在しますし、スライド手帳を使わなくてもそうした手帳が上記の問題を解決する可能性だってあります。

つまり、メルマガでスライド手帳の特徴などを読むことによって、皆さんの手帳術の進歩につながるかもしれません。

「まあ、つきあいでスライド手帳の話も聞いてやるか」という特異な方は、手帳活用メルマガ from スライド手帳から登録できます。

皆さんの登録をお待ちしています。




<<前の記事へ 
 【使い方の工夫/提案】 
 次の記事へ>>
関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/117

お問合せ・ご意見



Copyright