システム手帳リフィルに新しい驚きを!《スライド手帳》 常に最新2週間が見開きで >> お知らせ >> 新システム手帳バインダー、スライド手帳 HIRATAINDER Neo、発売!
新システム手帳バインダー、スライド手帳 HIRATAINDER Neo、発売!

お買い求めは、スライド手帳 おちゃのこネット店にて。

このページでは、スライド手帳 HIRATAINDER Neo(2014年8月9日発売)の特徴をご説明しております。長文ですが、ぜひ、ご覧ください。
また、オリジナルバージョンのHIRATAINDERの情報、そして、HIRATAINDERの開発経緯もご覧いただければ幸いです。

目次

HIRATAINDER Neoとは
HIRATAINDERオリジナルの弱点
オリジナルとNeoの相違点
Neoの具体的仕様
価格と販売

HIRATAINDER Neoとは


まず、HIRATANDER Neoとは、何か。A5サイズ6穴仕様のシステム手帳バインダーです。オリジナルバージョンのHIRATAINDER発売から約1年、新バージョンとして、Neoは開発されました。

hiratainder neo 色
HIRATAINDER Neoの最大の特徴は、その色。

カラフルな色を選びました。

青はそら色、内側は深い海をイメージしたコバルトブルー。
黄緑は新緑、内側は深緑。森をイメージしています。
赤は情熱、内側はベージュで、人間をイメージしています。


hiratander_neo 青hiratainder_neo 黄緑hiratander_neo 赤



HIRATAINDERオリジナルの弱点


さて、なぜ、Neoが生まれたのか。HIRATAINDERオリジナルには弱点がありました。
もちろん、この弱点を補うだけの長所もあると思っているので、商品化しています。
しかし、弱点を克服しながら長所を消さないようにできないかと思ったのです。

  • 色が2色しかない
  • 1万円はちょっとだけ高く感じる



この2つの弱点を克服できないかと思い、開発を始め、今に至ります。


オリジナルとNeoの相違点

hiratainder_neo 背の違い
最大の違いは、背の部分の形状です。

オリジナルは表紙と背表紙が一体化しておりません。
Neoは表紙と背表紙が一体化しています。

実はこれにはメリットとデメリットがあります。一体化することによって表面はなめらかになりますが、縦にミシンが入らないので、少し弱くなります。


hiratainder_neo 内側

ふたつめは、内側の革です。
これまでは内側にもリサイクルレザーを貼ってきたのですが、Neoでは裏は合皮に変更しました。

理由は二つ。

1つはやわらかくて加工しやすいこと。
もう1つはいろいろな色を選べることです。


hiratainder_neo 平たさ

なお、「机に吸い付くバインダー」というコンセプトは曲げられませんので、写真の通り、きちんと引き継いでいます。

用紙をある程度入れれば、ぺったりです。

このぺったり感をぜひ味わって欲しいです。

そして、実は微妙ですが、オリジナルバージョンより少し軽くなっています。
220g→188gになりました。



Neoの具体的仕様

では、具体的仕様です。実寸、実測値です。
個体によって多少の違いはあるかもしれません。

本体サイズ
<開いたとき> 横 380mm X 縦 240mm X 厚 2mm
<閉じたとき> 横 183mm X 縦 240mm X 厚 20mm
(ただし、閉じたときの横幅、厚さは革の特性上、商品個体ごとに変化することがあります)

重量
実測値 188g (商品個体ごとに多少異なる可能性があります)

リング仕様
内径 15mm/外径 18mm
A5サイズ用6穴バインダー

素材
外側:リサイクルレザー/ドイツ製
   手触りはなめらかで、革の香りもします。
内側:合皮


価格 8,000円(税別)


ご購入
スライド手帳 おちゃのこネット店
Amazon スライド手帳店(予定)

※この他に次の小売店様でも販売しております。
 NAGASAWA文具センター様(大阪梅田茶屋町店)
 ギフショナリーデルタ様(大阪堂島アバンザ)



今後も、本革版やバイブルサイズなどを検討していく予定です。


更新履歴: 2014/8/15 購入リンク更新、販売小売店情報追加 / 2014/7/26 情報公開


<<前の記事へ 
 【お知らせ】 
 次の記事へ>>
関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/246

お問合せ・ご意見



Copyright