システム手帳 A5サイズ 週間 バーチカル式-スライド手帳 壱式 館

PDF印刷ロゴスライド手帳 壱式 館(バーチカル式)エディションについての詳細を紹介します。

スライド手帳 壱式の共通部分については、スライド手帳 壱式 シリーズの紹介をご覧ください。

《全体》

壱式 館 全図まず、スライド手帳 壱式 館(バーチカル式)の全体像をご覧ください。

このスライド手帳 壱式 館エディションは、一般にバーチカル式と呼ばれるものです。ただし、市場に出ている多くのものは見開きで1週間となっており、左ページに4日分(または3日分)、右ページに3日分+メモ(または土日を小さくして4日分)が表示されています。

※私が知る限り、陰山手帳2009のバーチカル版(綴じ手帳)が1ページに1週間を入れ、右ページはメモになっているものがあったのみです。

しかし、それではスライド手帳のスライドの特徴が出せませんので、幅が多少狭いですが、1週間を1ページに収めています。

この館 バーチカルエディションがもっともスライド手帳的な動きをするといっても過言ではありません。唯一の欠点は、1日の幅が多少狭いことでしょうか。

《時間軸》

壱式 館 時間軸 週次に、時間軸のところをクローズアップしてみます。

時間軸は、朝6時から24時までのメモリが縦になっています。これは一般のバーチカルと同じです。

ただし、他社のバーチカル版はほぼすべて時間軸に横罫線が引いてあります。スライド手帳は罫線を引いておりませんので、自由に記述することができます。時間軸にとらわれずに書いていただくこともできるようにしました。


《To Doエリア》

壱式 館 To Do続いて、ToDoを記入するエリアです。

ご覧の通り、1ページに20のToDo項目が記入できるようにしてあります。少し大きめのサイズです。

真ん中に点が打ってあり、左右に分けられています。重要度や緊急度、自分の作業と他人と関連する作業等と分けて使ってもらえればと思います。

また、ToDoの左右には□をつけ、終わったものはチェックしていただいたり、塗りつぶしていただいたり、場合によっては数字(日付)や優先順位を書いていただくこともできます。


《左下の切り落とし》

スライド手帳 壱式 シリーズの紹介でもご紹介しているとおり、壱式は左下が納品時からカットされていますので、ご注意ください。これは失敗品ではありません。

詳しくは、スライド手帳 壱式 シリーズの紹介で説明をご覧ください。





《ご購入について》



《お問い合わせ》

その他ご質問等については、メールをお送りください。
履歴 : 2013年5月5日ショッピングカート追加 / 2011年9月25日サンプル提供停止 / 2011年3月9日初公開


関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/216

お問合せ・ご意見



Copyright