システム手帳 A5サイズ 週間 横置きバーチカル式-スライド手帳 壱式 堀

PDF印刷ロゴスライド手帳 壱式 堀(横置バーチカル式)エディションについての詳細を紹介します。

スライド手帳 壱式の共通部分については、スライド手帳 壱式 シリーズの紹介をご覧ください。

《全体》

壱式 堀 全図まず、スライド手帳 壱式 堀(横置バーチカル式)の全体像をご覧ください。

この写真を見ていただければ、この堀 横置バーチカルエディションの特性がおわかりいただけると思います。おそらく、このフォーマットは市場のどこにも存在しない新しいフォーマットと思います。

このスライド手帳 壱式 堀エディションは、一般にバーチカル式と呼ばれるものフォーマットを継承しながら、用紙を横に使うという、一種暴挙に出ています。しかし、そのことによって、
紙を縦に使うと1日の幅が狭くなる
という課題を解消しながら、1週間を1枚に納められる利点があります。

ただし、このエディションでは、ToDoエリアを設けず、時間軸の下に方眼のメモエリアのみを設定しております。

非常に特殊なフォーマットですが、利便性も高いフォーマットです。

唯一の欠点は、やはり横向きのため、他のリフィルとの兼ね合いで手帳を縦にしたり横にしたりしなければならないケースが出てくることです。しかし、これも自作リフィルや無地のリフィルなどを中心に使っていただければ、特に問題にはならないでしょう。

《時間軸》

壱式 堀 時間軸次に、時間軸のところをクローズアップしてみます。

時間軸は、朝6時から24時までのメモリになっています。

通常のバーチカル式よりも1日の記入エリアに幅があるため、余裕が出ています。そして、他の製品同様、時間軸のところには余計な罫線を入れていないため、自由に使っていただけるようになっています。

《メモエリア》

壱式 堀 メモエリア続いて、メモエリアです。

ご覧の通り、時間軸の下に簡単なメモができるよう、格子が用意してあります。自由に使っていただければと思います。

また他のリフィルと違って、下記の切り落としは左下ではなく、左上に便宜上、きています。


《左上の切り落とし》

スライド手帳 壱式 シリーズの紹介でもご紹介しているとおり、壱式は左上が納品時からカットされていますので、ご注意ください。これは失敗品ではありません。

詳しくは、スライド手帳 壱式 シリーズの紹介で説明をご覧ください。





《ご購入について》



《お問い合わせ》

その他ご質問等については、メールをお送りください。
履歴 : 2013年5月5日ショッピングカート追加 / 2011年9月25日サンプル提供停止 / 2011年3月9日初公開


関連情報、リンク希望送信URL: http://www.slide-techo.com/mt_sys/mt-tb.cgi/218

お問合せ・ご意見



Copyright